知人や親族から借りて準備をする

Pocket

急なご祝儀が準備できない時の対策方法として挙げられるのが、知人や親族から一時的にお金を借りることです。実際に日頃から友人や親族の人からお金の貸し借りを頻繁に行っている方は珍しくないでしょう。特に母親や父親から借りる時は、とても身近な親族のため、遠慮なく借りられる人もいます。しかし、ご祝儀を準備しなければならない人の中には迷惑や心配をあまりかけたくないと思う人もいるでしょう。例えばお金を借りればお金で困っていると親御さんに思われて心配されるケースも珍しくありません。

親しい友人から借りる人は多く、その理由として友人であればご両親に迷惑をかけることなく、ご祝儀のお金を準備することができるという点が挙げられます。しかし、借りる頻度が多い場合、友人関係に影響を与えたり信頼を低下させてしまったりする可能性もあります。そのため、知人から借りることなくお金を準備したいと考える人も多いです。

知人やご両親からお金を借りることは対処法の一つですが、その選択肢を取ることができない人の中には消費者金融を利用している人も少なくありません。消費者金融は貸金業を営む会社で、キャッシングなどのサービスを利用することが可能です。では消費者金融を利用してご祝儀を準備することでどのような魅力を得ることができるのでしょうか。

 

消費者金融を利用して準備する魅力とは

急なご祝儀を準備するために消費者金融を利用することで様々な利益を得ることが可能です。例えばご両親や友人に迷惑をかけずに急なご祝儀に必要なお金を準備できることです。

今の消費者金融においては窓口でお金を借りるのではなく、インターネットやコンビニのATMを利用して借入をすることが可能です。もしインターネットから借入をする時はスマホやパソコンから借入依頼ができるので、周囲の人に気づかれることが少ないです。また、コンビニのATMにおいても銀行口座から引き下ろす人も多いので、キャッシングなどを利用していることを気づかれにくいです。そのため、ご両親や知人に心配をかけることなく利用が可能です。

ご両親や知人に遠慮することなくお金を借入できることも魅力の一つです。基本的に消費者金融のキャッシングはサービスの一部になります。また、利息を支払うことにもなるので、業者から借りることに遠慮する人は少ないでしょう。

借りると利息が高いのではないかと不安を抱く人もいますが、現在では無利息キャンペーンなども実施しているので、もしご祝儀などで知人やご両親からお金を借りることは好ましくないと考える人は消費者金融の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融の利用などの対処について

Pocket

学生の頃はご祝儀として知人や友人にお金を包み、お渡しをする機会は少ないですが、社会人になればご祝儀を渡す機会は多くなります。例えば、結婚祝いです。社会人になって収入が安定すると結婚をする人は少なくありません。現在では晩婚化と言われ婚期が遅い人も多いですが、会社の同僚や学生時代の友人が結婚する、ということはもちろんあるでしょう。20代後半や30代前半になれば周囲の人が結婚する数が増えるので、披露宴に招待されることも多いです。基本的に披露宴に招待された時は結婚祝いとしてご祝儀を御包みするのが一般的です。もし、ご祝儀なしで参加するとマナー違反になることもあります。しかし、買い物をしすぎた時や車の車検などで銀行口座の中にお金が少ない時に招待されることもあります。そのため、ご祝儀の準備方法に困った経験がある人も多いでしょう。

ご祝儀をお渡しする時は結婚だけでなく、引越し祝いや出産祝いを挙げることができます。引越し祝いをお渡しする時は親族や友人が新築に引越した時等です。物としてお渡しすることもありますが、身近な人が引越しをする時はご祝儀袋にお金を入れて祝う人も珍しくありません。出産祝いにおいても親族であればお金で祝いの気持ちを表現することが多いです。

このようにご祝儀を渡す時はたくさんありますが、その中には急に支払わなければならないケースもあります。もし急なご祝儀が発生した時にお金が準備できなければご祝儀袋をお渡しできないので、消費者金融の利用等の対処方法を知りたいと感じる人も多いでしょう。