消費者金融の利用などの対処について

Pocket

学生の頃はご祝儀として知人や友人にお金を包み、お渡しをする機会は少ないですが、社会人になればご祝儀を渡す機会は多くなります。例えば、結婚祝いです。社会人になって収入が安定すると結婚をする人は少なくありません。現在では晩婚化と言われ婚期が遅い人も多いですが、会社の同僚や学生時代の友人が結婚する、ということはもちろんあるでしょう。20代後半や30代前半になれば周囲の人が結婚する数が増えるので、披露宴に招待されることも多いです。基本的に披露宴に招待された時は結婚祝いとしてご祝儀を御包みするのが一般的です。もし、ご祝儀なしで参加するとマナー違反になることもあります。しかし、買い物をしすぎた時や車の車検などで銀行口座の中にお金が少ない時に招待されることもあります。そのため、ご祝儀の準備方法に困った経験がある人も多いでしょう。

ご祝儀をお渡しする時は結婚だけでなく、引越し祝いや出産祝いを挙げることができます。引越し祝いをお渡しする時は親族や友人が新築に引越した時等です。物としてお渡しすることもありますが、身近な人が引越しをする時はご祝儀袋にお金を入れて祝う人も珍しくありません。出産祝いにおいても親族であればお金で祝いの気持ちを表現することが多いです。

このようにご祝儀を渡す時はたくさんありますが、その中には急に支払わなければならないケースもあります。もし急なご祝儀が発生した時にお金が準備できなければご祝儀袋をお渡しできないので、消費者金融の利用等の対処方法を知りたいと感じる人も多いでしょう。